画面キャプチャーツールSnipping Toolを使って作業効率UP!

 

画面キャプチャSnipping Toolの使い方00

パソコンの画面に映っている画像を、一部、または全部を切り取ってファイル化したものを、「キャプチャー画像」といいます。

特に、作業の手順を解説する記事を書くときなど、キャプチャー画像を多く使いますね。

画面をキャプチャーする方法は色々ありますが、記事を書くたびに何回と繰り返す作業なので、少しでも効率の上がる画面キャプチャーツールを選びましょう

 

無料で使いやすい画面キャプチャーツール

あなたがVista以降のWindowsをお使いなら、標準で付いているSnipping Toolを使うことをおススメします。

そんなツールが付いていることを知らなかった、という人は、「アクセサリ」の中を探すと見つかりますよ(^^)

 

画面キャプチャSnipping Toolの使い方01

これは、Windows10の場合です。

Snipping Toolを見つけたら、「スタート画面にピン留めする」にしておきましょう。

 

画面キャプチャSnipping Toolの使い方02

こうしておけば、キャプチャーしたい画面をそのままにしておいて、Snipping Toolをすぐに起動することができます。

 

Snipping Toolの使い方

それでは、Snipping Toolの基本的な使い方を見ていきましょう。

画面キャプチャSnipping Toolの使い方03

Snipping Toolを起動したところの画面です。

切り取りは、自由な形、四角形、選択したウインドウ、全画面の、4つの方法がありますが、通常は、「四角形の領域の切り取り」を使います。

 

画面キャプチャSnipping Toolの使い方04

「新規作成」をクリックすると、画面が不透明になって、マウスポインタが「+」に変わります。

そのまま、切り取りたい範囲をドラッグ指定(マウスを左クリックしたまま動かす)します。

 

画面キャプチャSnipping Toolの使い方05

マウスから指を離すと、指定した範囲が切り取られて、このように表示されます。

 

画面キャプチャSnipping Toolの使い方06

ブログに使用する場合は、pngjpg形式を選択し、ファイル名を付けて保存すれば終わりです。

 

保存した画像は、Photoscapeなどの画像加工ソフトで、トリミングやリサイズなどを施してから、ブログにアップロードしましょう。

⇒ Photoscape(フォトスケープ)の使い方 簡単サクッと画像加工

 

まとめ:いつも作業の効率化を考える

私の場合、たいてい、こうやって先に画像をどんどん作っていき、あとから、その画像を見ながら記事を書いています。

もちろん、もっと効率的な方法が、あるかも知れません。

 

キャプチャの方法でも、記事の書き方でも、人それぞれのやり方があっていいのですが、要は、記事をアップする作業の効率を、いかに向上させるか、いつも考えていて欲しいということです。

 

ビジネスでは、タイム イズ マネーの考えを持つことが、とても大事。

 

小さな改善の積み重ねが、大きく時間を節約することに繋がり、その分、早く成果を出すことができます

 

それなら、もっといい方法があるので教えてやってもいいぞ、という親切な方、こちらから情報提供していただけると、嬉しいです(^^)

⇒ http://hanashiya.net/question/

 

 

メルマガ登録

 【できる!アフィリエイト合格マガジン】に無料で登録する
  お名前(ニックネーム可)
  メールアドレス

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

 

はじめまして。
噺屋(はなしや)です。

 

前回の東京オリンピックの時には生まれていました。 (^^)v

 

現在は、信州で豊かな自然に囲まれ、妻と娘と犬一匹と、のんびり暮らしています。

詳しいプロフィール

 

ゼロからアフィリエイトで稼げるまでを、全部無料で教えてしまうメルマガ講座やってます。

メルマガ登録

 

ご質問やご相談があれば、ご遠慮なくどうぞ。24時間以内にお返事します。

私と同じ中高年や、アフィリエイト初心者の方、大歓迎です。

お問い合わせ

ブログランキング☆

このページの先頭へ