複合キーワード選びでアクセスを増やす 3つのコツ

keyword_select

あなたのブログへのアクセスを増やすために、大事だというキーワード選び

キーワードを選んで何をするのかを考えれば、キーワード選びコツが見えてきます。

 

キーワードを選ぶ理由とは

キーワードを選ぶ理由は、タイトルや、見出し、記事本文に、選んだキーワードを盛り込んで、「この記事は、そのキーワードについて書いてますよ。」と、検索エンジンに教えてあげるためです。

 

すると、検索エンジンは、そのキーワードで検索した人に対して、あなたの書いた記事が役に立つと判断し、検索結果の上位に表示します。

 

つまり、あなたのブログへのアクセスを増やすことにつながる。

 

SEOというやつですね(^^;)

 

実際には、なんでもキーワードを入れさえすれば、上位表示されるなんて、甘いものではありません。

 

他のSEO要素も関係してきますし、どんなキーワードを選ぶによって、結果がまったく違ってきます。

 

コツ1 複合キーワードを選ぶ

では、どんなキーワードを選べばいいのか。

 

そこでポイントになるのが、複合キーワード選ぶということです。

 

たとえば、「キーワード」という単語一つでグーグル検索してみると、5億6千万件なんてとんでもない数がヒットします。

kensaku04

 

こういう単語を、ビッグワードと言いますね。

 

確かにビッグ(^^;)

 

「キーワード」でヒットしたページを見ると、「キーワードとは」、「キーワード選定ツール」、 それに「カフェ・キーワード」まで、並んでます(笑)。

 

これでは、自分の探している内容と一致するページを見つけるのが大変です。

 

当然、あなたなら、さらに複数のキーワードを入れて、ヒットするページを絞り込みますよね?

 

たとえば、「キーワード」+「選び方」のように。

 

このとき、検索エンジンは、複数のキーワードが、すべて揃っているのはもちろん、キーワードどおしが、より近くに出現するページを検索ユーザーが求めているページとして評価し、上位に表示します。

 

たとえば、「キーワードは、SEO上とても重要です。私は最近、その選び方を教わり・・・」と書かれた文章よりも、

「SEO上とても重要な、キーワード選び方を、私は最近教わり・・・」と書かれたもののほうが、検索エンジンに評価されるということです。

 

このため、検索する人が選ぶであろう複数のキーワードを予測して、そのキーワードのセット一つのキーワードのようにタイトルや記事本文で使うと、絞られたヒット数のなかで、検索結果の順位を上げることができることになります。

 

このキーワードのセットを、複合キーワードと言います。

 

複合キーワードは、メインのキーワードと、主にそれに関連する単語から選びます。

 

ただし、自分勝手に想像して、誰も検索に使わない単語を並べても、意味がありません。

 

そこで役に立つのが、実際に検索エンジンや質問サイトで使われている関連キーワードを、教えてくれるWEBツールです。

 

コツ2 関連キーワード取得ツールで複合キーワードを選ぶ

無料で使用できますので、ぜひ使ってみてください。

⇒ http://www.related-keywords.com/

kensaku02

検索キーワードのボックス内にメインとなるキーワードを入れてください。

 

keyword01

すると、主軸になるキーワードとともに、検索に使用される関連キーワードが、表示されます。

 

次に、ここで選んだ複合キーワードが、一か月に何件検索されているか、チェックしてみましょう。

 

コツ3 グーグルアドワーズでキーワードの検索ボリュームを調べる

グーグルアドワーズ
https://www.google.co.jp/adwords/

 

グーグルが、リスティング広告を出してくれる顧客のために無料提供する、解析サービスです。

このため、使用するには、広告主としての登録が必要です。

 

以前は、登録さえすればサービスが使えたのですが、2016年の夏に規約が変わり、リスティング広告を出していない人には、使用できるサービスの機能が制限されてしまいました。

特に、検索ボリュームが大雑把な範囲を示すだけになってしまったのですが、それでも、参考にはなります。

また、月に100円程度リスティング広告を出せば、以前のように精度の高いサービスを利用できるとの報告もありますので、検証したら、記事にしてお知らせしますね(^^)

 

では、グーグルアドワーズの使い方を見ていきましょう。

keyword

登録後、グーグルアドワーズにログインし、運用ツールをクリックします。

 

AdWords01

キーワードプランナーを選びます。

 

AdWords02

検索ボリュームと傾向を取得をクリックしてください。

 

adwords03

調べたいキーワードを入れます。

まずは、単体キーワードで「アフィリエイト」と入れてみました。

 

adwords04

候補を取得ボタンを押します。

 

adwords05

このように、メインキーワードと、複合キーワードの月間平均検索ボリュームが表示されます。

ここに、自分の使いたい複合キーワードがなければ、キーワード検索ボックスに、その複合キーワードを入れて調べることもできます。

 

「競合性」の欄に表示される、高、中、低は、グーグルアドワーズに出されたリスティング広告のキーワード競合です。

インターネット上での競合も、これとほぼ同じ度合と考えていいと思います。

 

検索件数が多いと、お客さんが大勢いていいように思えますが、そのキーワードのライバルも大勢(^^;)

 

月間検索数が10万件のキーワードでも、検索順位が30位ではアクセスは期待できませんが、検索数が1000件でも、順位が3位ならば、十分アクセスが集まります。

 

最低限の検索件数があり、かつライバルの少ない複合キーワードを選び、タイトルや記事でうまく使って、アクセスを増やすのが、理想ですね。

 

あくまで、理想ですけど(^^;)

 

ツールは便利ですが、これだけに頼っていても、同じようにツールを使っているライバルに差をつけることは難しい。

 

これから書く記事の読者ターゲットを絞り込んで、その人に何を伝えたいか、というところから、複合キーワードを選ぶと、あなただけのお宝キーワードができるかも知れませんよ。

 

 

メルマガ登録

定員オーバーのため新規募集を停止しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

 

はじめまして。
噺屋(はなしや)です。

 

前回の東京オリンピックの時には生まれていました。 (^^)v

 

現在は、信州で豊かな自然に囲まれ、妻と娘と犬一匹と、のんびり暮らしています。

詳しいプロフィール

 

ゼロからアフィリエイトで稼げるまでを、全部無料で教えてしまうメルマガ講座やってます。

メルマガ登録

 

ご質問やご相談があれば、ご遠慮なくどうぞ。24時間以内にお返事します。

私と同じ中高年や、アフィリエイト初心者の方、大歓迎です。

お問い合わせ

ブログランキング☆

このページの先頭へ