好意の原理(法則)/ネットビジネスの心理学テクニック 6つの原理

好意の原理01

 

シリーズでお伝えしている、ネットビジネスの心理学テクニック 6つの原理。

人の無意識にやってしまう行動心理を理解して、ネットビジネスの心理学テクニックとして応用しよう、ということでやってきました。

今回は、好意の原理と呼ばれる心理学法則について、考えていきます。

 

好意の原理(法則)とは

人は、好意を持っている人からの提案や要求に対しては、積極的に応じようとします。

これを、心理学では『好意の原理(法則)』と言います。

好意の原理(法則)は、6つの原理のなかでも、最強と言っていいぐらい、人間の行動に強い影響を及ぼす心理作用です。

 

好意の原理(法則)は身を滅ぼすほど強力

今まさに、この好意の原理(法則)にはまり、身を滅ぼした大きな事件が起きていますね。

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、一民間人である長年の友人チェ・スンシル氏に、機密文書を見せて相談していたことや、チェ・スンシル氏が、大統領を利用して不当に利益を得ていたことが、次々と明るみに出て、大統領が弾劾されるという事件です。

常識では到底考えられないこのようなことを、なぜパク・クネ大統領はやってしまったのか

それは、チェ・スンシル氏が、パク・クネ大統領にとって、無二の親友だったからに他なりません。

まさに、好意の原理(法則)に、はまってしまった典型ですね。

チェ・スンシル氏は、大統領だった父と母が殺され、不遇だったパク・クネ氏を幼い時からずっと支えてきた人物です。

好意の原理03

このような関係から、パク・クネ大統領は、チェ・スンシル氏に、かけがえのない親友としての好意を寄せ、好意の原理(法則)ゆえに信頼し、要求にも積極的に応じたのでしょう。

このように、人に好意を持てば持つほど、周りから見れば異常に思えるほどの信頼をその人物に寄せ、頼みごとを叶えてあげてしまう好意の原理(法則)が、人間の心理にはあるのです。

 

好意の原理(法則)は、これほど強力な心理作用なんですよ。

 

ほかにも、数年前には、女性お笑いタレントの洗脳騒ぎや、人気横綱の謎の整体師事件など、好意の原理(法則)を示す類似の事例は、これまでも結構ありました。

そして、渦中の人が、必ず口にする、「あの人は、そんな人ではありません。普通のいい人なんです。」という言葉。

それだけ好意の原理(法則)は、根強く、強力に人の心に働きかけます。

 

 

好意の原理(法則)はなにも、特別寂しい人にだけ起きる心理ではありません。

たとえば、あなたは、なぜ、店員が勧める服より、友人が薦める服を選ぼうとするのですか?

あなたは、恋人が欲しがる指輪を、無理しても買ってあげたいと思いませんか?

好意の原理(法則)は、あなたにも、私にも、しっかり働いているのです。

 

なぜ、好意の原理が人の心理に働くのか

「好意」という感情は、人と人とを結びつけるために無くてはならない、接着剤のようなものです。

単独では生きられない弱い生き物だった人類の祖先が、集団を自然に作り、お互いに助け合いの行動をするように、心に刻まれたプログラム、これが、好意の原理の正体です。

好意の原理05

人間にとって好意を感じる相手は、すなわち仲間であり、信頼し助け合うべき対象なのです。

より強く好意を感じると、その人を強く信頼し積極的に助けるべき対象だと認識します。

 

では、この好意の原理(法則)を逆手に取ってビジネスに応用するとどうなるか。

もう、おわかりですね。

好意の原理をビジネスに応用するには

これほど強力な、好意の原理(法則)を働かせるため、相手から好意を持ってもらうにはどうすればいいでしょう。

先に一般的なことを言えば、人が相手に好意を感じるのは、相手の容姿から受ける印象と、言動から判断するものの二つに大別できます。

容姿については説明するまでもないと思いますが、逞しいとか、美しいとか、性的な魅力を持つ相手に好意を抱くのは、優秀な子孫を残すため、また、集団の構成単位である家族を築くため、社会的動物として、当然の本能です。

好意の原理04

また、表情が優しそうだとか、真面目そう楽しそうといった、仲間として望ましい性格がうかがえる顔や体形の人も、好意を持ってもらいやすいですね。

まあ、ネットビジネスの場合、とくに情報商材アフィリエイトでは、極端な話、まったく顔見せをしなくてもできてしまうので、あなたが容姿端麗かそうでないかは、それほど気にする必要はありません

ただ、ブログのプロフィールの写真で、背中向きの写真は、冷たい感じがするので私はおススメしません。

顔出しNGでも、アバターを工夫すれば、好感度を上げることもできますからね。

背中向きの写真は、男性を読者ターゲットにしている女性(男性は女性の後ろ姿に興味を惹かれます。)とか、背中の愛嬌に自信があるとか、そういう人ならアリです。

 

二つ目の「言動」ですが、好意の原理(法則)に従って、人がついやってしまうことを、反対に相手からされると、人は、自分に対して好意を持っていると感じ、自分も相手に好意を抱くようになります。

ネットビジネスなら、読者の問い合わせに、迅速かつ丁寧に答えるとか、プレゼントを提供するのが、これの典型です。

問い合わせが無くても、メルマガで「何か困っていませんか?」と気に掛けるのも、大事ですね。

好意の原理02

このほか、一般的には、共通の何かも、好意を呼ぶことにつながります。

共通の何かとは、例えば、同じ趣味を持っているとか、同じアイドルを応援しているとか、同郷だったとか。

ネットビジネスなら、「私もノウハウコレクターでした。」とか、「借金があって困っていた。」とかね。

まとめ

いかがですか? 自分なら好意の原理(法則)に従って何をするだろうと考えてみてください。

ネットビジネスの革命的なアイデアが、見つかるかもしれませんよ(^^;)

 

 

メルマガ登録

定員オーバーのため新規募集を停止しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について

 

はじめまして。
噺屋(はなしや)です。

 

前回の東京オリンピックの時には生まれていました。 (^^)v

 

現在は、信州で豊かな自然に囲まれ、妻と娘と犬一匹と、のんびり暮らしています。

詳しいプロフィール

 

ゼロからアフィリエイトで稼げるまでを、全部無料で教えてしまうメルマガ講座やってます。

メルマガ登録

 

ご質問やご相談があれば、ご遠慮なくどうぞ。24時間以内にお返事します。

私と同じ中高年や、アフィリエイト初心者の方、大歓迎です。

お問い合わせ

ブログランキング☆

このページの先頭へ